Profile

きたはらいく 写真

Photo by Keita Ikeda

歌は心を開く――それは共感の気持ち、平和への第一歩

小学校で教員(現、講師)として働く傍ら、大学卒業後からシンガーソングライターとして各地で歌を歌っています。
2015年、4枚目のCD『カタチ』を発売。
自分のオリジナル曲に加え、ここ最近歌っている、子どもの書いた詩に曲をつけた歌は、子どもたちへの愛があふれ、
心にひびくと好評です。
2018年春、その曲などを収録した5枚目のCD『パパのふとん』を発売。
男児の母としても日々奮闘中です。
学習会やイベントを楽しくします。ライブや講演の出演依頼もお待ちしています。

活動歴

 10代後半、ジョニ・ミッチェルやキャロル・キングなどのシンガーソングライターの作品群に出会い感銘を受ける。また、両親が好んで聴いていた70年代のフォーク・ソングの影響下に自分があることを発見し、20歳ごろからオリジナル作品を創り始める。

2001年

  • ライヴ活動をスタート。たった数回のライヴで、切なさとノスタルジアを換気する圧倒的な存在感を帯びている声と楽曲はすぐに話題となる。

2003年

  • CD『・・・・そして、理解を』(UKプロジェクト)発売。渋谷・新宿のタワーレコードのインディーズ・チャートでベスト10入りを果たし、限定2000枚を完売。東京を中心に大きな注目を集める。

2004年

  • ミニアルバム「耳をすませば」(UKプロジェクト)発売。

2007年

  • きたはらいく自らレーベル「M&K Records」を立ち上げる。
  • CD『それは、すばらしい音楽なのです。』を発売。
  • CD『もしもし、ピアノが弾けますよ』(ホッピー神山ピアノソロアルバム)を発売。
  • テレビ埼玉『ちぐハグ』エンディングテーマ曲に「それは、すばらしい音楽なのです。」が採用。

2008年

  • SONYハンディカム×ベネッセ たまひよ『ハッピーシェアリングコンテスト』 第2回、第3回の作曲と歌を担当。
  • CM『ねこのきもち』(ベネッセ)で、歌とナレーションを担当。

2015年

  • 4枚目のCD『カタチ』を発売。
  • 染地小学校 スプリングコンサート

2016年

  • 子どもの詩に曲をつけた歌を各地の集会やイベントで歌い始める。
  • 第62回福島県民間教育研究団体協議会 「福島県民教協2016冬の集会」
  • 東京作文教育協議会 一日学習会
  • 飯能市・ 教育・子育てネットワーク 講演会
  • 第36回 つくば市 母親大会
  • 第53回 全国図工・美術研究大会
  • 千葉、北総教職員組合 一日学習会
  • 第32回 放課後の子どもたちに必要な力!学童保育を考える練馬のつどい

2017年

  • きたはらいくコンサート2017 (ピアノ弾き語りの2時間ステージ)開催。
  • 子どもとことば研究会 2017年度 第1回学習会
  • 第3回 久喜市 母親大会
  • 千住9条の会 第2文化イベント アフタヌーンライヴ
  • 足立区柳原診療所 柳原健康まつり