本 『52ヘルツのクジラたち』を渡される

ある人が、

最近読んだ本『52ヘルツのクジラたち』は、
いくの曲「名前呼んで それだけで嬉しい」 にシンクロするよ。

親に虐待されて、名前も呼ばれてなかった子どもが出てくるんだけど、
本屋大賞取った本だよ。
今大ヒットしているよ!

と、教えてくれて、この本を渡してくれました。


涙出てくるし、ティッシュを横に置いて、
ドキドキしながら読み進めました。


いま、こういう内容の作品が出てきて、
そしてそれが、多くの人の心を打つんだなぁ・・・、と思ったりします。

画像1


本を読んで、わたしの歌を思い出してくれるのは、
嬉しく、ありがたいことですね。

いつ出た本なのかな〜と、後ろをめくると、

2020年4月25日 初版発行

わぁ!
4月25日! 私の誕生日!!!
シンクロはこっち!?と、大きなひとりごと。

「名前呼んで それだけで嬉しい」
以前、noteに書いて、曲とともにUPしました。 https://note.com/iku_kitahara/n/n1e54a67fd432

=================
名前呼んで あいさつして 
それだけで それだけで 

名前呼んで あいさつして
それだけで 嬉しい 

名前呼んで あいさつして 
それはたくさんのメッセージ 

名前呼んで あいさつして 
それだけで 嬉しい  

雨が降ったら 一緒に傘さして歩こう
きっとまた 空が晴れて 虹がかかるね 

ひとりぼっちの あの日々が 
小さく 小さくなってく 

気づいてく心 安心できるね 

「名前呼んで それだけで嬉しい」より
(詞・曲 きたはらいく)   

=================

この曲は、
息子が学校に行かれなくなって、

その時、
どこにも自分の居場所がない、
自分は必要とされていない、
って、私も息子も感じていた時。

新しい場所で、
いつも笑顔で、
名前を呼んで あいさつしてくれたこと

ただそのことが、
とても嬉しかった。

「ここににいて大丈夫だよ、いいんだよ」って、
そんな風に、言葉では言っていないんだけれど、

名前を呼んで、あいさつしてくれる、って、
そんなメッセージが、たくさん含まれているんだな、と、
とても嬉しい気持ちになりました。

そんなことがきっかけで、できた曲です。

この新しい場所、新しい居場所、というのは、
息子にとっては、フリースペース、という場所でした。

木々や、
土の山、
走り回って、
水遊びして、
焚き火して、
実のなる木で収穫した木の実でジャムを作って、
ゲームだって、たくさんして・・・

そんなことができる、
やりたいことを自分で決めて、できる、

「しない」ってことも、自分で選べる・決められる、

プレーパークの中にある、フリースペース。

毎日どろだらけになったりと、エネルギーを、
おもいっきり発散しながら、充電しながら、過ごした場所です。

私も息子も、そしてそこに集う人たちと、
泣いたり笑ったりしながら笑笑 
育ててもらった場所です。

それではまた書きますね。
ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

きたはらいく 

Top