マイペンライ! きっと だいじょうぶ !「日本スクールソーシャルワーク協会会報」に。

少し前になりますが、

「いくのことが、載ってるよ〜」と、

『日本スクールソーシャルワーク協会会報(第64号 7月発行)が、

先日、私のところへ届きました。(コピーしてくれたもの)

えぇ〜!とびっくりで、嬉しかったです!

これは、

春の緊急事態宣言、自粛期間中、

フリースペースえん、子ども夢パーク代表の西野博之さんが、

ステキなメッセージとともに紹介してくれた記事です。

【「マイペンライ!きっとだいじょうぶ!」〜いまこの歌を、たくさんの人に届けたい。〜】 (※以下に掲載)

今回、この会報では、

「コロナ禍の中での活動〜世界的な新型コロナウイルスの感染拡大、様々な活動が自粛されるなか、継続して活動を行なっていた団体の紹介〜」として、

「NPO法人フリースペースたまりば(フリースペースえん)」

が取り上げられています。

その中で、この記事も紹介してくださったようです。

嬉しいですね。

そして、あらためて、西野さん、ありがとうございます!

緊急事態宣言のもと、自粛中でも、

「開き続ける」という決断は、

本当に、たくさんのこと、大変だったと思います。

西野さんはじめ、スタッフのみなさん、

本当にありがとうございます。

これは多くの方の声だと思います。


歌の動画はこちらです。HPのトップページにも出ている動画です。

「心配ナシ!!〜きっと うまくいく〜」

気楽に口ずさんで、

この歌が、

あなたの歌

みんなの歌

に、なっていくといいです。

マイペンライの気分とともに。


こちらが西野博之さんが紹介してくださった文です。

===

「マイペンライ!きっとだいじょうぶ!」

フリースペースえんの保護者である「きたはら いく」さんが作詞作曲して、
数年前につくった『心配ナシ‼ ~きっと うまくいく~』。

いまこの歌を、たくさんの人に届けたい。

周りを見渡せば、心配なことだらけ。
自分のことも、世界のことも、問題だらけ。

「心配ない、問題ない、マイペンライ♪」

なわけないだろうと、突っ込みたくなるような歌詞。
でもね、心配しているのはおとなだけじゃない。

子どもにも、おとなの心配や恐怖は伝染している。
そんな日々のなかで、子どもたちも必死に今を生きている。

明日を心配して、未来を嘆いて、うなだれてばかりいられない。
少しでも面白いことを探しながら、今日を、今を生きている。
怒ったり、泣いたりしながらも、時々見せてくれるこの笑顔が見られれば、
これでじゅうぶん。

「マイペンライ」。

タイを旅した時によく聞いた言葉。
だいじょうぶだよの意味。
沖縄の「なんくるないさぁ~」(なんとかなるさぁ)にも通じる言葉。 

明日を心配して生きるよりも、いま目の前の子どもと共に過ごしている、
なんてことのない日常に感謝して暮らす。

だらしなかったり、めんどうくさいこと言ったりして、
親をてこずらせているかもしれない。

憎たらしいとか、腹が立つとか思うこともしばしばかもしれない。
でも寝顔のなんとかわいいこと。

いま生きていること、私のもとに生まれてきてくれた奇跡。

3.11の東日本大震災の時に、私たちは学んだ。
何気ない日常の大切さ、愛おしさ。 

こんな時こそ、この歌を聞いて、声に出して歌っちゃおう。
コロナ騒ぎもきっと収束に向かう日がやってくる。
医療現場をはじめ、最前線で闘ってくださっている人々に感謝しつつ、
今を生きよう。

マイペンライ! きっと、だいじょうぶ。

===

このマイペンライの歌の、「動画」は、

「フリースペースえん」の、年に1回のフェスティバルで、

保護者の出し物としてみんなで歌いたいと、

数年前、そこに集うママが作ってくれたものです。

「動画があれば、集まれなくても、それぞれ好きな時にこれを見て練習できて、みんなで当日歌えるよね」

ってね。

そこから毎年歌い繋いでくれて、

今年4回目を迎える予定でした。(この状況で開催中止に。)

マイペンライ!!!きっと、だいじょうぶと、
またみんなで歌える日を、とても楽しみにしています!

Top