みんなで空に虹をかけたよ

お久しぶりです。

みなさん、ご機嫌いかがですか。

お元気でいらっしゃいますか?

先月から少しずつ、note(ブログ) をはじめています。

日々のこと、

教室の子どものキラっとした瞬間、

息子と暮らして〜 などの、

気づきなどを綴っていきたいなと思ってはじまめました。

良かったらぜひ、ページへ遊びに来てくださいね!

===

きたはらいく note
https://note.com/iku_kitahara

===

スキ ♡
(→ facebook、やyoutubeでいう、「いいね」ボタンのようなものです。)


フォローも、大歓迎です!

どうぞよろしくお願いいたします!

最近の投稿を、少し、ここで紹介しますね!

===

【みんなで空に虹をかけたよ】

教室の子どもたちと一緒に、歌うことができなかった6月から今でも、

手話で歌を歌っています。


今年度、平日私は、

1年生のクラスや、特別支援学級の1〜6年生の子どもたちと一緒に、

音楽をしています。

「声や口で歌うほかに、歌うことってできるんだけど、どこで歌うと思う?」

「はい! 心です。」

「わぁ。それはとても素敵ですばらしいね。じゃあ、心で歌いながら・・・、ほかにもあるかな?」

なんて子どもたちにききながら、

手で歌うことを始めました。

春からの緊急事態宣言があけて、学校が再スタートした6月、

梅雨時期でもあったし、

スタートはやっぱりこの歌を歌いたいと、

選んだ曲は「にじ」

小学校へ上がる前に、保育園や幼稚園などで歌ってきている子たちもいる、

人気の曲です。


虹が虹が 空にかかって
きみのきみの 気分もはれて 
きっと明日は いい天気 
きっと明日は いい天気   

(新沢としひこ/作詞 中川ひろたか/作曲 「にじ」より)

「に〜じが にじが〜 そ〜らに〜かか〜って〜」

このメロディ・言葉のところに合わせて、

手で虹をつくって(数字の7を表します)、

自分の目の前の空に、ゆっくりゆっくり虹をかけていく。

教室の、ひとりひとりみんなの手が、

いっせいに、

ゆっくりと虹をかけていったとき、

グッときて、涙が出そうになりました。

「大きな大きな虹をかけようね」って、思わず、私はみんなに言っていました。

こんな風に、虹って、自分でかけられるんだ。

なんだか本当にそう思えて、ひとりひとりみんなが、

目の前の空に虹をかけたことに、感動した瞬間でした。

授業の後、担任の先生が声をかけてくれました。

「親御さんで、普段から手話を使って生活されている方がいて、手話のことをみんなで話したりしたかったんですが、なかなかできていなくって。だから、嬉しかったです。」

そんな風に思って、伝えてくれたことも、私はとても嬉しくて、

(1学期、再スタートの学校は、本当に大丈夫なのかと気をもんだし、探り探りでしたから、よけいに)

いろんなことが、なんだか嬉しいような胸いっぱいで、熱くなった教室での一コマでした。

画像3

(この頃、家に飾ってあったちひろカレンダーも虹。)

あとで、ここの場面のことを思っていた時、

子どもたち、あれは、オーケストラみたいだなぁ・・・、

と思った瞬間、

あ、そういえば・・・!

エディ・リーダーが、素敵なことを言っていたなと思い出し、

持っていたCDを探したら、ありました。

とても素敵なので、ここに少し紹介しますね。

このCDの歌詞のページには、1曲ごとにメッセージが書かれていて、

これは、「My Love Is Like A Red Red Rose」の曲のところに載せられていたものです。(そこの一部を)


ケヴィン・マックレーのオーケストラのアレンジをバックに歌うのは、とてもワクワクさせられることだった。スタジオのブースの小窓から私が覗き見ると、オーケストラのフィドルの弓がすべて天を向き、みんな揃って一糸乱れることなく舞っていた。
(『EDDI READER|SINGS THE SONGS OF ROBERT BURNS ~エディ・リーダー|ロバート・バーンズを想う~ 』より)

2003年9月に出された、スコットランドの詩人ロバート・バーンズ作のトラディショナル・ソングを歌ったCD。

見たら、中川五郎さんの訳でした!!

(あれれ!!??今まで気づいていなかったかな!??)

本当に、情景、言葉が素敵です。

いろいろなことが、また、虹がかかって繋がって、幸せな気持ちになりました。

画像3

=================================

画像2

これは、昨年、中川五郎さんのバースデイライブ(下北沢La Cana)へ行った時のもの。

手にはサインしてもらった本『七〇年目の風に吹かれ』。

 私が20代半ば、まったくの無名の私のファーストアルバムを、

雑誌『BRUTUS』で紹介してくれたのは、

中川五郎さんでした。

本当に嬉しかったです。 

その後、私が、洋楽の曲を日本語で歌えるようにお願いしたのですが、

(本当にありがたいことに、快く引き受けてくださいました。)

その曲も、エディ・リーダーの歌う曲でした。

五郎さん、今でもライヴや書くこと、キラキラの瞳で精力的に活動されていて、

すばらしいなぁと尊敬しています。とても素敵な方です。

画像4
Top