『幸先の良いスタート』

 4/11(木)、私はこの日が、授業はじめでした。
教室から外を見ると、青空の中、山々の後ろに堂々と、真っ白な雪をかぶった富士山が、くっきり見えていました。

 今年もまた一緒に組む先生にあいさつをしたとき、そこでちょっと立ち話し。
テレビを見ていたら、あなたを思い出したのよと、話してくれたのが、「若くて売れないミュージシャン」の話(笑)

 テレビのその人は、違うってことからか昔いじめられていて、その時の気持ちや出来事をずっとノートに書き留めていたそう。 その中から、言葉を紡ぎ、歌にしている。 それが歌になった時、その歌が聴いた人の、希望や勇気となって、励ましになるーーー。

「なんだかあなたに雰囲気も似ていて、会ったら話そうと思っていたのよ。」
 「お金になるとか、人気が出て有名になるというのは、なかなか難しいかもしれないけど、自分のやりたいこと、歌・音楽を続けてる。想いなどを歌というカタチにして表現するのは、誰かの役に立つことしているのよ」と。

初日からなんですか、これは!!! とっても嬉しいですよ!!!
そんな風に、思ってくれていたなんて!
全く知らなかったですよーーー!!!

話をしてくれた先生は、春、お母さまを亡くされ、「生きること」「生きていること」を目の当たりにして、考えている、とも話してくれました。
そして、「自分が人の役に立つことって何だろう?って思ったとき、やっぱりこの仕事続けていこうと思ったのよ。」
 「役に立つことは、目立つ、とか、大きいことじゃなくていいのよ。」と。


人と違うとか、違うことをする、それは、いろいろな事を言われたりすることがある。
傷ついたり、それを気にしてしまうことが、私は多々ある。

でも、こんな風に思ってくれる人がいるという事、
そして、自分がいいと思う事や、やりたいと思ってやった事など、誰のためでもなく自分の気持ちからスタートしたことが、誰かの励ましになるって事。
つらかった経験でも、表現として形になった時、他の人に希望や勇気になって伝わることがあるって事、
それらの事たちは、本当に、私を励ましてくれるし、喜びです。

「ねぇ、何をしたい?」 「何をする?」
「はじめの一歩はどんな行動しようか?」
じゃあ、 「そのはじめの一歩を、ねぇ、、、踏み出す??」

そんなことを自分に聞きながら。

 そして、いつだって、こんな風にこたえたいよね。


「マイペンライ!大丈夫。喜んで、やってみようよ!!!」



写真は、カメラマン池田敬太さんに撮ってもらった写真です。


【ライブ予定】6/1(土) 下北沢La Cana 

Top