映画「グレイテスト・ショーマン」、そして 西野博之さん

映画『グレイテスト ショーマン』観てきました。

最初から最後まで、スクリーンから怒涛の如くあふれ出すメッセージに、涙がやむことがなかったです。

声が出ないように、ハンカチで口を押えながら観ました。

本当に素晴らしかったです。

なかでも、どんなに周りに認めらず、あいてにされなくても、

地位や立場、「違う」ことに対して孤独や寂しさ、偏見にうちひしがれても、

それらを自分で受け入れて「これが私なんだ」と前へ進もうとする姿に、

誰にだって幸せになる権利、愛される資格があるんだと胸を張って歌う姿に、本当に感動しました。

 

そして、どんな人にとっても居場所がある、その人その人の居場所が必要・・・

 

私は観ていて、フリースペースえん代表の西野博之さんを思い出しました。

西野さんは「生きているだけですごいんだ」をモットーに、30年以上、不登校の子どもの居場所づくりや、

ひきこもりなど生きづらさを抱えた若者たち、様々な「障害」を持つ人たちと出会い、

ともに地域で育ちあう場を続けています。

(詳しくは、西野博之『居場所のちから~生きているだけですごいんだ~』教育史料出版会、など他にも著書多数。ぜひご興味ある方、見てみてください。)

 

そして私は、映画を観ていて、どうしたって、学校に行けなくなった息子やそこに集まる子どもたちが、

登場人物と重なってしまった。

 

どうか、一人ひとりみんなに、居場所がありますように。

どうか、一人ひとりみんなが、自分を輝かせて生きていけますように。

 

以前私は、西野さんにこんなことを聞いたことがあります。

「 『これがいいんだ』と思うことをしても、全く認められない。

そして、多くの人からひどいことを言われたり、怒られたり・・・・

そんな状況にあった時でも、こうして30年続けてこられたその『想い』とか『強さ』って何ですか?」 と。

 

西野さんは、

「ずっと、何が大事なのかを、常に問い続けてきたんだよ。みんなで何が大事かの基盤を作ってきた。」

そんな答えが返ってきたように記憶しています。

 

 

私は今いる場所で、周りの人たちと一緒にやっていけることがたくさんある、

そんなことを確認できた映画でもありました。

 

あぁ 映画って、本当にすごいなぁ

歌は、本当にすべての人にとって生きる力だなぁ

としみじみしました。

 

映画、素晴らしいですね。

 

 

Top